無料体験実施中

  • TOP >
  • ブログ >
  • 子どもの視力低下を防止するには?

こんにちは、「視力屋」めがね物語の梅嵜と申します。

お母さん!お父さん!何で視力って低下して行くんでしょうか?

おそらく皆さんの頭の中で、PC、スマホ、タブレット、ゲーム機器など近くを見過ぎではないかな~って思われたはずです。

はい!答えは、、、、、その通りです!

じゃー!今日からPC、スマホなどやめてしまいましょう!、、、、、でもそ れ は む りです。

なぜなら現代社会を生きて行くために必要不可欠な道具となってしまったからです。

「ゲームやめなさい!」「YouTubeばっかり見て!やめなさい!」

って子どもに言えたのですが、、、、、勉強やめなさい!、、、、とは言えないのです。

そうです。ついにPC、タブレットで勉強する時代が来てしまいました。

更にコロナ禍もあり、人との接触を避けるためリモートでのコミュニケーションが追い打ちをかけるように更に急増しています。

視力に悪影響を及ぼす!とは何となく分かっていても、電子機器類とうまく付き合っていくほかにないのです。

それじゃ~!一体どう付き合っていけばいいのか?

その前に皆さんに質問です。


身の回りにPC、スマホなどかなり使っているけど、普通に目が良い人っていませんか?

あっ!いる!いる!  いないよな~!それぞれだとは思います。

でも、全体の約2~3割の人にPC、スマホなどかなり使っていても視力が落ちていない人がいるのです。

なぜでしょうか?

答えは、視力が落ちにくい眼の使い方をしているからなのです。

長い文章にお付き合い頂きまして誠にありがとうございます。

 

それではいよいよ!視力低下の防止方法をお伝えしていきましょう。


一番分かりやすいイメージは、視力が落ちていない人の眼の使い方のまねをすると言う事です。

視力低下の防止のために取り入れたい視生活習慣!

「視力屋」めがね物語には視力を守る為のゴールデンルールがあります。
それを「10分に3秒ルール」といいます。


ここからちょっと長めの文章になります。どうしても知りたい方だけ!
しばしお付き合いくださいね。

 

本来、人間の眼は何も意識せずに遠くが良く見えるように造られています。

生まれつき視力に問題がある方以外はめがね、コンタクトなしで普通に遠も近くも見えて生活していましたよね。

ところが、ある時期を境に遠くが見えづらくなり

めがね、コンタクトの生活がスタートしたわけです。

老眼とは別ですよ。(笑)

人間の眼には遠くから近くを見る為にピント調節をしてくれる「毛様体筋」と言われる筋肉があります。

本来人間の眼は、その筋肉の力を使わず自然に遠くが良く見えるように造られています。

そして近くを見る時に筋肉に力が入るわけです。

その筋肉の衰えを老眼と言いますけどね。(笑)

それについては別のブログで話しますね。

長時間近くを見続けると、当然、筋肉は疲れてしまいます。

毛様体と呼ばれる筋肉が連続して力を入れて耐えられる時間は10分以内だと言われています。

そうです。PC、スマホなど長時間使っていても視力が落ちていない人は10分以上連続して近くを見ていないのです。

もうお分かり頂いた方もありますよね。

「10分に3秒ルール」とは10分以内に遠くを(3m以上でOK)

3秒間遠くを見ましょう。と言うルールです。

視力の落ちていない人は、動物的勘とでも言うのでしょうか?

誰から教えてもらったことでもなく、視力に悪影響を与えない目使いをしているのです。

最近視力に関するネットなどの記事でも良く目にします。

PC1時間使ったら10分休憩とか30分に5分休憩とか、、、、、。

でも良く考えて見てください。

集中して何かをやる時、5分とか10分とか休憩入れられますか?

仕事でPC使う時とかゲーム中とか?(笑)

逆に仕事でのPC作業中に10分休憩すると

コラッ!さぼるな~っ!って怒られてしまうかもしれませんよね。(笑)

もともと集中力がある子どもほど、長時間画面など連続して見てしまう事により視力が低下して行きます。

そうなると、正しい情報が脳に届かなくなます。

ぼやけた映像が脳に届く(眼球という機関を通して脳が見ている)・・・・

それが続くと今度は集中力を・な・く・し・て・し・ま・う・結果となるのです。

近くの電子機器を見なくてはいけなくなった現代社会!

「10分に3秒」のゴールデンルール!実践してみてはいかがでしょうか!

とはいえ!今までの眼の使い方の習慣は簡単に変えることはできません!

視力を回復させる方法は!

 

①まずめがねレンズの処方を変える!

目の筋肉(毛様体)に負担を掛けない処方ができます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

 

②レンズの種類をサポートレンズにする!

めがねレンズ一面の中で、遠くから近くを見る位置は大まか決まります。
(レンズの上部で遠くを見る。近くは目線が下がり、負担が少なくなります)
つまり、レンズが下に行くほど、微妙に弱い度数に変化します。
すると近くを見るための目の筋肉の負担が少なくなります。
構造的には遠近両用レンズに似ていますが、老眼用のレンズは入りません。
遠くが良く見えるレンズよりも、弱めのレンズが近くを見る位置に入るのです。

 

③超音波治療器で視力を回復させる!

本来眼科用として開発された治療器で、微弱な超音波でマッサージすることで、
血流を促進し、凝り固まった目の筋肉(毛様体)の働きを取り戻します。

梅嵜式視力測定と超音波治療器の無料体験会開催!
今回!先着30家族様限定!(3名まで同時体験可能)
眼科用超音波治療器「新型フタワソニック」無料体験会を開催します。

 

人間の元気に働いている細胞と同じ動き、12KHzの超音波でマッサージをします。

その微弱なマッサージに反応できる体質の方であれば、
その場10分で効果を実感できます。
(弊社データ約80%の方に効果あり)

1例(10分テスト治療後0.3の視力が0.6に変化)など

お子様の視力低下をきっかけに、あきらめかけていたお父さん、お母さん!あなたの視力にも同時に希望がもてます。

さらに今回だけ!効果が実感できた方に実際に無料お貸出し「1週間無料モニター」ご自宅治療していただける特典をお付けいたします。

モニター終了後、返却されても一切料金はかかりませんのでご安心ください!

モニター終了後、継続治療を希望される方は、月額6500円でご使用いただけます。

さらに2年間ご使用いただいた方には、使用中の治療器を無料プレゼントいたします。

2年後からは家族全員の視力を守る治療器として、半永久的に使用していただけます。

しかし「視力が良くなったら今使ってるめがねが合わなくなるのでは?」

と考えた方!

その通りです。今のめがね度数が強すぎて合わなくなります。

しかしご安心ください!

視力回復に合わせた「めがねレンズ」をプレゼントいたします。
(弊社メガネ店経営だからできる特典です。)

うちの子供が続けられるだろうかと思った方!
ご安心ください!
弊社はこの治療器販売する事だけを目的としていないため、
1か月に一度アフターフォローとして「視力チェックとカウンセリング」行っていきます。

目標を決めて効果を確認しながらご指導していきます。

カウンセリング料金は2,500円ですが、
今回特別に5回分のカウンセリングチケットをプレゼントいたします。
人生の80%以上は、情報(視覚)見ることで暮らしを支えています。
決して大げさなことではありませんよ。(笑)

 

視力は一生の宝物!


あなたの瞳のより良きパートナーになれる事を心より願っております。


「視力屋」めがね物語 梅嵜 剛

 

先着30家族様限定!お申し込みはお早めに↓↓バナーをクリック!

全国
対応

視力回復サービスの
無料オンライン相談はこちら

© 2008 Paradigm Change.Co.,Ltd.