MENU

視力について

無料体験実施中

  • TOP >
  • 視力について

視力の低下が気になりませんか?

人間は生活するうえで、常に目を使っています。テレビを見たり、本を読んだり、契約書を確かめたり、アンケートに記入したりするなど細かい文字を読み書きすることも多くあります。しかし、視力が低下し、物が見えにくくなると日常生活のさまざまな場面に支障をきたすようになります。こちらでは、メガネ販売から視力回復、補聴器のご案内までお手伝いする福岡県春日市・大野城市の「めがね物語」が視力の低下について、そしてストレスと視力の関係性についてお話しします。目の周りの血流を高める目のツボについてもご紹介しますのでお試しください。

遠くの物が見えなくなる近視

眼に入ってくる光のピントが、眼の奥の網膜の正しい位置で合うと物がハッキリ見えます。近視は、このピントが正しい位置よりもっと手前で合ってしまっている状態です。近視の原因のひとつは眼筋(眼の筋肉)の調整力が弱体化によって引き起こります。眼鏡やコンタクトレンズは、眼筋の補助をすることでピントの調整を助ける器具です。そのため、この補助に過度に頼ってしまうと眼筋を使わなくなります。そして眼筋の機能をさらに衰えさせてしまうことにつながります。

ちょっと見えづらくなったからと、すぐに眼鏡やコンタクトレンズを買い替えて視力を矯正すると、筋肉を弱めてしまい近視がより進んでしまいます。その前に考えていただきたいのは、視力の回復を目指すことです。

Pickup!メガネやコンタクトをを作るだけだと視力の回復にはならない?!

現在お使いのメガネ・コンタクトは、遠くが良く見えるように作られていることが多いと思います。
実際、一日の生活の中で10メートル先以上を見ることと、10メートル以内を見ることは、どちらが多いでしょうか?
ほどんどの方が、毎日10メートル以内を見ながら生活をしていると思います。これが視力を低下する原因のひとつになることもあるのです。
当店では、遠くも見えて近くを見ても疲れにくくサポートできるレンズ「快適視力サポートレンズ」を販売しております。お気軽にご相談ください。

ストレスと視力低下には関係があった

物を見るために必要なのは眼球だけではありません。眼から入った信号が脳に到達し処理されて、始めて認識できるのです。眼もほかの身体の器官と同様、自律神経の支配下にありますので、自律神経のバランスがくずれると、視力も低下します。ストレスを感じると身体全体の筋肉が硬直し、自律神経のバランスがくずれてしまうことがあります。つまり脳にストレスがかかると視力低下も起こってしまうのです。

精神的なストレスが視力低下を起こすことの代表的な病気が「心因性視力障害」です。これは小学校低学年の子どもに多く見られる視力低下の症状で、家庭的な問題や友達関係、受験勉強などのさまざまなプレッシャーが複雑に絡み合い、結果的に視力低下を引き起こすことがあります。「心因性視力障害」は更年期を迎えた女性にもしばしば見られます。

目の周りのツボをご存じですか?

身体には多くのツボがあります。目の周りのツボを押すと、血行がよくなり、眼病予防にも期待できます。目の周りのツボは比較的わかりやすいくぼみです。やさしく触るとすぐにおわかりになるでしょう。ツボを押す際は目を閉じ、リラックス状態で行いましょう。また手は清潔にしておくこと、そして強く押しすぎないこと、指の腹を使ってやさしく押すことが重要です。

1:陽白(ようはく)=人差し指で弱めに押す
2:攅竹(さんちく)=親指で始めは弱く、そして徐々に強く押す
3:魚腰(ぎょよう)=親指でやさしく押し上げるように押す
4:糸竹空(しちくくう)=人差し指・中指・薬指をそろえて中指で2~3秒やさしく押す。これを数回くり返す
5:晴明(せいめい)=親指と人差し指でつまむようにやさしく押す
6:承泣(しょうきゅう)=指で弱めに押す
7:瞳子りょう(どうしりょう)=人差し指で弱く押す
8:太陽(たいよう)=親指か人差し指で始めは弱く徐々に強く押す

メガネ販売から視力回復、補聴器のご案内までお手伝いする福岡県春日市・大野城市の「めがね物語」にご相談ください

24時間受付中!

超音波治療で視力回復を目指しませんか?

メガネ販売から視力回復、補聴器のご案内までお手伝いする福岡県春日市・大野城市の「めがね物語」にご相談ください

24時間受付中!

Copyright ©パラダイムチェンジAll rights reserved.