無料体験実施中

TOP

皆さん、こんにちは「視力屋」めがね物語の梅嵜と申します。

子どもの「めがね」の選び方って聞くと、一番初に思い浮かぶ事は、どんな「めがね」が似合うだろう?ではないでしょうか?

もちろん、ファッションとして我が子に似合う「めがね」は大切なことです。
でも子どもの「めがね」で一番大切のことは、レンズ度数の処方とレンズの種類の選び方です。

 

良いめがねの一番の条件は「良く見える」ではありません。
「普通に見えて疲れない」です。

 

視力低下が進行して、遠くが見えづらくなり、いよいよめがねデビューとなります。

当然ですがその「めがね」は遠くが見えるように作られた「めがね」です。

その「めがね」で遠くを見るには何の問題もありません

問題はその「めがね」で近くを見ていることに問題があるのです。

レンズの度数にもよりますが遠くを見るために作られた「めがね」で近くを。

それも長時間であるほど眼の筋肉に負担を掛けることになるのは当然です。

特に子どもの視力はデリケートでめがねの使い方を間違えると視力低下を促進させてしまいます。

上記で述べたように良い「めがね」の条件は「普通に見えて疲れない」と書きました。

ひと言で「めがね」と言っても相当奥が深いのです。

そして視力を見る力と言い換えると

①遠方視(遠くを見る力、一般的には1.5とか0.5とかの数字で表します)

②両眼視機能(左右の眼で協力しながら見ることで距離や形を脳で確認する力)

③脳内視力(眼で確認した映像を脳に送り、送られた映像を基に脳から体に指令を出し行動する力)

もっと奥は深いですが大まかには上記の働きを助けるのが「めがね」の役目です。

どうですか?

「めがね」って相当大事だなって感じ伝わって来ましたか?

 

眼に負担を掛けにくい「めがねレンズ」とは?

 

上記でも書いたように「めがね」ってとても大事です。

本来「めがね」は遠くを見るための「めがね」と、近くを見る時に使う「めがね」(老眼鏡でではない。レンズ度数を少し弱くした近くを見ても疲れにくい「勉強用めがね」や「パソコン用めがね」です)

しかし「遠く用めがね」と「近く用めがね」を瞬時にかけ替える事は出来ません。

そこで下記のように1つのめがねで遠くから近くをサポートするレンズを特注することが出来ます。

子どもめがねにはもちろん大人が使っても格段に疲れが違います。

但し、レンズ処方がとても大事になります。

 

梅嵜式視力検査で快適な視力を取り戻す!

 

「めがね」をかけると頭が痛くなったり、吐き気がしたり、すぐに外してしまいたくなることがある人。

それは脳が「めがね」を嫌がっていることが原因です。

上記にもあるように良いめがねの一番の条件は「良く見える」ではありません。

「普通に見えて疲れない」です。

良い「めがね」で生活していると、裸眼で生活していた時代の眼使いが復活してきます。

肩こり、片頭痛の改善、勉強や仕事の能率UP、集中力の向上など視力回復にも繋がります。

梅嵜式視力検査では60項目の視機能を測定していきますので、1時間ほど要します。

ご予約をお願いいたします。

 

 

執筆者:「視力屋」めがね物語 梅嵜 剛
プロフィールはこちら→

 

 

メガネ販売から視力回復、補聴器のご案内までお手伝いする福岡県春日市の「めがね物語」にご相談ください

 

 

視力検査のご予約

無料で60項目の検査を受けられます。

視力回復の無料体験

視力は年齢に関係なく改善できます。

© 2008 Paradigm Change.Co.,Ltd.